ニュース
お知らせ Information 通知 Informações
    • ★COVID-19について色々な言葉説明します。COVID-19 Multilingual Guide
    • ★岡崎市では経済的な理由などにより生理用品の購入が困難なかたに生理用品を無償配布しています。近くにお困りの外国人市民の方がいらっしゃいましたら、こちらの情報をお伝えください。
    • ★台風や地震などの災害時や、新型コロナウイルスの感染拡大などの非常時の安全安心情報をまとめて見られるサイトMultilingual EMERGENCY Updates:外国のことばによる災害・コロナの情報”をご活用ください!
    • Multilingual Information on Disaster Mitigation
    • ★高校等で学びたい外国籍のみなさんへ、高等学校等就学支援金制度についてのお知らせです。
    • ★国際課ではiPadを用いた多言語の通訳サービスを導入し、窓口においてiPad内の通訳者、外国人市民、職員との3者通話を行うことにより、来庁外国人市民の行政手続き理解支援を推進しています。 対応言語は英語、中国語(北京語)、ポルトガル語、スペイン語、韓国語・朝鮮語、タイ語、ベトナム語、フィリピノ語、フランス語、ネパール語、ヒンディー語、ロシア語、インドネシア語、クメール語の14言語です。
    • ★『おかざき市民生活便利帳』を日本語英語中国語ポルトガル語スペイン語ベトナム語の5言語で紹介しています。是非ご活用ください。
    • 岡崎市国際交流協会のFacebookを開設しました!フォローや「いいね!」をよろしくお願いします!(利用規約はこちら

小学校入学前の、外国につながりをもつ子どものためのプレスクール、『ぴかぴか』の夏休み子ども向け体験教室を開催しました。子ども達が戸惑うことなく学校・日常生活に対応できることを目指し、保護者向け講座では、子どもの言葉を育てるための家庭での役割を学びながら、言葉の発達について専門家と共に考えることできました。 続きを読む »

外国人児童生徒とその保護者向けに、進路説明や先輩体験談などを通じて日本の教育への理解を深めていただく無料進路座談会を開催しました。日ごろの教科学習や日本語学習、また将来の目標を達成するためにどのような方向に進んだらよいか、など進路相談の先生と実際にお話しすることができました。 続きを読む »


小学校入学前の外国につながりを持つ子どもに対して、学校生活に必要な初期の日本語指導等を行うプレスクールでのボランティア活動に役立つ知識を学ぶ、子ども向け日本語教室『ぴかぴか』養成講座を開催しました。活動事例や活動時に配慮すべき点等について、実際にボランティア活動を行っている方から直接学ぶことができました。 続きを読む »

2021年2月20日(土)からりぶらにて、外国につながるこどものためのプレスクール『ぴかぴか』が5回に渡って開催されました。それに先立ち、2月13日(土)には保護者への説明会が行われ、日本の教育システムについての説明を保護者を交えて行うことができました。 続きを読む »

日本語が理解できない外国につながりをもつ子どもを対象としたプレスクールで、サポーターとして活動をしたい方を対象に、サポーターのための養成講座を行いました。当日はZOOMでの開催となりましたが、参加者のみなさんは、子どもたちが戸惑うことなく4月からの学校生活に速やかに対応できることを目指し、プレスクールについてや、プレスクールでの子どもたちとの接し方について学ぶことができました。

2020年11月14日(土)、岡崎市に住む外国人の日本語教育を支援する方の新規募集と、指導者の養成を目的とした「日本語ボランティア養成講座」をりぶらにて開催しました。当日はたくさんの方にご参加いただき、これから日本語を教えるボランティアとして活動される方々が熱心にお話しを聞いていらっしゃいました。

2020年11月7日(土)、外国語が話せる市民を対象に、現在の外国人市民の状況と災害時における外国人被災者への対応を学ぶ「災害時通訳ボランティア養成講座」を開催しました。前半には災害時に立ち上がる災害時多言語支援センターの説明を行い、後半には災害時に起こりうる問題を想定しながら、参加者同士の意見交換を行うことができました。
続きを読む »

 

2020年10月11日(日)、図書館交流プラザにて『外国につながりを持つ子どもと、その保護者を対象とした進路説明&教育相談会』を開催しました。第1部はポルトガル語、ベトナム語、スペイン語圏の参加者を対象に、第2部ではフィリピノ語、中国語、英語圏の参加者を対象に行い、通訳を介しながら教育についての様々な質問をしていただきました。日本の教育制度や進学準備に必要なことの説明、また先輩の体験談などを聞くことができ、外国人児童が将来について真剣に考える良い機会となりました。